初の商品説明会 ~朴の森・鍵山記念館にて~

  • by

 昨日は、独立研究者・森田真生先生のオンライン講演会を受講する為に山口県の朴の森・鍵山記念館を訪れました。
森田先生のお姿はお変わりなく、でもやっぱりお父さんになられたのだなあと思わせる表情や空気感になっておられ、それでもお話しが始まったらやはり森田ワールド炸裂!といった感じでまさに圧巻。私も主人と「バランスからだ塾」を主宰し、多くの子供たちと関わらせて頂く立場にありながらも親でもありますので、今回のコロナ以降の生活ですっかりライフスタイルも変わり、親として我が子と過ごす他愛のない時間がどれほど貴重なものなのかということを感じられたという森田先生のお話しには終始大きくうなずきっぱはしで拝聴致しました。

 お昼には雲を近くに感じる青空の下、少し肌寒い秋の空気を味わいながら、食べる人のからだが喜んで欲しいという作り手の思いが詰まった❝みっちゃん❞の手作り弁当を頂きました。普段はついていくと言わない次女が、何故だか昨日は一緒に来てくれて、このお弁当も共に頂いたのですが、「野菜がこうして欲しいって言ってるのが分かってる方が作られたんだね。」と話してくれて、ああ、そんな風に感じたんだなあと嬉しくなりました。

 そして、そのような素敵なお昼を頂いた後に・・・。

 森田先生の講演会に参加されるなら、せっかくなので、午後から千年美容 玄の製品説明会をしませんか?と主催された藤野先生よりお誘い頂き、機会を設けて頂くことになっておりました。

 人前に出ることが苦手な私は、主人と一緒に仕事し始めてからずっと、人前に立つ機会があるときは主人に任せてきたのです・・・が、主人も森田先生のお話を聞くために朴の森に来ていたにも関わらず、「あなたが作ったものなのだから、あなたが伝えた方が絶対にいい」と言われ、ためらう気持ちと戦いながら、聞いて下さる方々の前に立ちました。5名くらいいらして下さったら嬉しいなーという思いで前で待っていると、予想の倍以上の十数名の方が座って下さるではないですか・・・。有難いと感じつつも、予想通りの赤面と、尋常でないワキ汗を感じながら、説明会はスタートしました。用意してきた説カンペのおかげもあって、30分という与えられた時間を乗り越えることができました。

拙い説明にもかかわらず、皆様うなずきながら真剣に聞いて下さり、本当に感謝してもしきれません。

 苦手なことなのだけど、こうやって山口まで出向き、関心を持って下さっている方々の前で直接製品の説明をさせて頂くことができたことで、どうしてもインターネット上では伝えきれない事までお話しさせて頂けたのではないかと思います。

 

説明会が終わった後、たくさんの方がご自身の肌の悩みや、使い方などを聞きに来て下さり、ほとんどの方に製品をご購入頂き、本当に有難い限りです。その中のお一人から「これからはお手入れにも来て下さるんでしょ?そうして頂けると嬉しい。まだ日にちは決まってないの?」とご質問頂き、やはりお一人お一人のお悩みにお答えさせて頂くためには、どうしても直接お肌を触らせて頂かないと難しいことが多いので、これからはお肌のお手入れ会を定期的に開催させて頂くことになりました!

説明会の準備から手伝ってくれ、その後の販売も手伝ってくれた次女からは、「お母さんの説明まずまずだったよ」ときっと褒めてくれたのであろう言葉をもらい、同行できなかった長女は「お母さんお疲れ様。これプレゼント」と今朝の綺麗な朝焼けの写真を送ってくれました。

 このような機会をご準備頂いた藤野先生はじめ朴の森の関係者の皆様にはこの場を借りて心より感謝申し上げます。

これからも多々ご迷惑をおかけするとは思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。